リオ五輪選手団団長に橋本聖子氏、夏季大会で女性は史上初

[ 2015年10月20日 18:48 ]

 日本オリンピック委員会(JOC)は20日、来年8月のリオデジャネイロ五輪の日本選手団団長が、1992年アルベールビル冬季五輪スピードスケート銅メダリストの橋本聖子選手強化本部長(51)に決まったと発表した。

 夏冬合わせて7度の五輪に出場した橋本氏は2010年バンクーバー冬季五輪と14年ソチ冬季五輪でも団長を務めたが、夏季五輪での女性団長は史上初となる。

 副団長は84年ロサンゼルス五輪柔道金メダリストの山下泰裕理事(58)、総監督は76年モントリオール五輪レスリング金メダルの高田裕司理事(61)が務める。人選はJOCの竹田恒和会長らに一任されていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年10月20日のニュース