誤審認める声明に豪州監督非難 WRの対応は「不公平だ」 

[ 2015年10月20日 21:59 ]

 ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会の審判選定委員会が準々決勝のオーストラリア―スコットランド(18日)で誤審があったと認めたことをめぐり、オーストラリアのチェイカ監督は20日、国際統括団体ワールドラグビー(WR)の対応について「不公平だ」と非難した。英BBC放送(電子版)などが報じた。

 同監督は「主審に同情する。なぜ判定が公開で再検証されなければいけないのか。今までこんなことは見たことない。審判団が彼を支持することを望む」と述べた。

 同委員会は声明でオーストラリアの決勝PGにつながったスコットランドのオフサイドの判定を検証した結果、オーストラリアのスクラムでの再開が適切だったとした。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年10月20日のニュース