×

竜馬 シード選手に集中力切れ完敗「強くならないと」課題残す

[ 2015年1月20日 05:30 ]

男子シングルス1回戦で汗をぬぐう伊藤

全豪オープンテニス第1日

(1月19日 オーストラリア・メルボルンパーク)
 全豪2度目の出場となった伊藤は根負けしての完敗だった。第32シードのクリザンに第1セットはタイブレークまでもつれ込む接戦。しかし、このセットを落とすと「勝つためにはこのタイブレークをあと3セットもやらないといけないのか」と格下の伊藤が先にギブアップしてしまった。

 集中力の糸が切れ、得意のフォアハンドでも攻略の糸口を見いだせなかった。「シード選手を倒すには体も気持ちももっと強くならないと」と課題を残すストレート負けだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年1月20日のニュース