×

遠藤3勝目、顔から落ちる根性見せた「昔から染みついている」

[ 2015年1月20日 05:30 ]

額の左側から流血する遠藤

大相撲初場所9日目

(1月19日 東京・両国国技館)
 遠藤が額にすり傷ができるほどの気迫相撲で3勝目を挙げた。栃ノ心に対してもろ差しになると、相手の小手投げをこらえて左から下手投げ。最後は際どい勝負となったが「昔から教えられて体に染みついている」と顔から土俵に落ちる根性を見せて白星をものにした。

 収穫については「顔から落ちたこと」と話し「貴乃花親方や朝青龍関も(顔から)落ちていたので同じ感じかな、と思いました」と笑顔で振り返った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年1月20日のニュース