斉藤仁さん がんで死去 54歳 柔道で五輪2大会連続金メダル

[ 2015年1月20日 10:14 ]

斉藤仁氏(14年9月撮影)

 84年ロサンゼルス、88年ソウル五輪の柔道男子95キロ超級で2大会連続金メダルを獲得した斉藤仁氏が20日午前2時56分、大阪府東大阪市内の病院で亡くなった。54歳。全日本柔道連盟などが明らかにした。青森県出身。

 通夜、葬儀の日程は未定で、後日全柔連が発表する。

 13年に胆管がんを患い、闘病生活に入っていたが昨年夏に体調を崩し、年末にはさらに悪化、死因はがん性胸膜炎だった。

 1961年青森市生まれ。83年、国士舘大学卒業後、同大助手となりモスクワ世界選手権無差別で優勝。84年のロス五輪で95キロ超級で優勝し、金メダルを獲得した。国内では山下泰裕氏(現全柔連副会長)の好敵手として激闘を繰り広げ、体重無差別の全日本選手権は83年から3年連続決勝で挑んで敗戦。88年に同選手権を制し、同年のソウル五輪で個人としては2度目、この大会日本柔道唯一の金メダルを獲得した。

 引退後は国士舘大教授となり、04年のアテネ五輪、08年の北京五輪では日本男子選手団監督を務めた。その後、全日本柔道連盟の強化委員長となり、13年には女子日本代表幹部のパワーハラスメント問題に携わり、柔道界のモラル確立を目指していた矢先に病に倒れた。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年1月20日のニュース