×

錦織、初戦突破!アルマグロに苦戦も貫録ストレート勝ち

[ 2015年1月20日 11:22 ]

全豪オープン男子シングルス1回戦でアルマグロと対戦した錦織圭(AP)

 テニスの4大大会第1戦、全豪オープン第2日は20日、オーストラリア・メルボルンで行われ、男子シングルスの第5シードで世界ランキング5位の錦織圭(25=日清食品)は1回戦で同69位のニコラス・アルマグロ(29=スペイン)と対戦、6―4、7―6(7―1)、6―2でストレート勝ちした。

 現在は世界ランクは69位まで落ちているアルマグロだが、長く10位台でプレーし続けて2011年には自己最高の9位にランクされた選手。四大大会で4度ベスト8入りした実績を持つ相手に苦しめられた錦織だが、結果的には1セットも落とすことなく第5シードの貫録を示した。全豪での初戦突破は3年連続。悲願の4大会制覇へ一歩前進した。
 
 第1セット第1ゲームでいきなりブレークを許した錦織だが、第4ゲームをブレークバック。5―4で迎えた第10ゲームもアルマグロのサービスゲームをブレークし、このセットを6―4で取った。

 続く第2セットは2―2からサービスゲームをブレイクされたものの、すぐにブレークバック。さらに3―4からアルマグロをサービスゲームを粘ってブレークしたが、今度はアルマグロにブレークバックされ、タイブレークに。タイブレークでは6ポイント連取して7―1で圧倒。続く第3セットは錦織がいきなりブレークに成功。さらに3―1からブレークして、その後は自身のサービスゲームをキープして押し切った。

続きを表示

この記事のフォト

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2015年1月20日のニュース