渡部暁は13位、渡部善17位 スキーW杯複合個人第7戦

[ 2015年1月11日 22:21 ]

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合は11日、フランスのショヌーブで個人第7戦の後半距離(10キロ)が行われ、渡部暁斗(北野建設)は13位だった。トップと1分22秒差の16位スタートで追い上げを図ったが、48秒9差でのゴールとなった。マグヌス・モアン(ノルウェー)が今季初勝利、通算23勝目を挙げた。

 渡部善斗(北野建設)は17位、加藤大平(サッポロノルディックク)は25位、湊祐介(東京美装)は37位、永井秀昭(岐阜日野自動車)は40位。

 当初は団体第4戦スプリントが行われる予定だったが、降雪で前半飛躍(HS118メートル、K点106メートル)が行えないため中止となり、9日の予備飛躍の結果を採用して個人戦に振り替えられた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2015年1月11日のニュース