鶴竜婚約で心労か 井筒親方休場、審判部代役は二所ノ関親方

[ 2015年1月11日 05:30 ]

大相撲初場所初日

(1月11日 東京・両国国技館)
 審判部副部長である井筒親方(元関脇・逆鉾)が体調不良により、11日の初場所初日から休場することになった。

 井筒親方の代役は九州担当部長である二所ノ関理事(元大関・若嶋津)が務める。井筒親方は昨年12月末に愛弟子の横綱・鶴竜が婚約したことで会見の準備などに追われ、体調を崩していたという。9日に行われた明治神宮での奉納土俵入りから姿を見せておらず、10日の土俵祭りも欠席。審判部の代役として二所ノ関親方が出席していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2015年1月11日のニュース