藤本 スコア伸びずも上位キープ、3季ぶりVへ「コースと戦う」

[ 2014年3月15日 20:00 ]

ヨコハマ女子ゴルフ第2日、通算3アンダーで単独2位につけた藤本麻子。18番でラインを読む

ヨコハマタイヤPRGRレディース第2日

(3月15日 高知県土佐CC=6232ヤード、パー72)
 首位から出た藤本は2バーディー、2ボギーの72にとどまったが、上位勢は全体的に伸びず1打差の好位置で最終日を迎える。

 「風のジャッジが難しかった。パットも右に左に1ボールぐらい外した」と我慢のゴルフを振り返った。ただ、調子が上向いていることを実感し「今日みたいなショットができれば面白い。相手を気にせず、コースとの戦いを意識したい」と3季ぶりのツアー2勝目に向け、気合を入れ直していた。

 ▼宋ボベ(71で首位キープ)「チャンスが少なかった。最終日はミスを少なくすれば、優勝がみえるかもしれない」

 ▼酒井美紀(67で30位から3位へ急浮上)「今日のように落ち着いて、焦らず、強い気持ちをもって優勝したい」

 ▼福田真未(75と崩れ首位から11位に後退)「結果だけを求めて悪循環になった」

 ▼森田理香子(73、75と低迷し32位)「ショットは全体的に悪くない。イーブンパーに戻したい」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2014年3月15日のニュース