体操日本代表の壮行会で内村「ライバルは加藤」

[ 2013年8月4日 18:07 ]

 体操の世界選手権(9~10月・アントワープ=ベルギー)に出場する日本代表が4日、東京都内で行われた壮行会に出席し、男子個人総合で4連覇を目指す内村航平(コナミ)は「ライバルは加藤選手になると思う」と、優勝争いの相手にチームメートで後輩の加藤凌平(順大)を挙げた。

 女子の代表は4人のうち3人が高校生という新鮮な顔ぶれで、愛知・名古屋経大市邨高3年の寺本明日香(レジックスポーツ)は「みんなで力を合わせていい成績を残したい」と誓った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年8月4日のニュース