武術で川口が銅メダル ワールドゲームズ

[ 2013年8月4日 15:41 ]

 非五輪競技・種目の国際総合大会、ワールドゲームズは3日、コロンビアのカリで行われ、公開競技の武術の男子で、南挙・南棍の川口昂大(大阪府連盟)が銅メダルを獲得した。刀術・棍術の岸涼介(大阪府連盟)と太極拳・太極剣の藤沢佑(秋田県連盟)は、ともに4位だった。

 スカッシュの女子シングルス準々決勝で小林海咲(Sunset Breeze)はオランダ選手に1―3で敗れた。

 ボウリングは女子の手島菜月(諫早パークレーン)が14位、男子の佐々木智之(プリンスホテル)は19位に終わり、ともに上位10人による決勝ラウンドに進めなかった。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年8月4日のニュース