桐生 高校総体MVP!注目の進路は世界選手権後に

[ 2013年8月4日 06:00 ]

最優秀選手に選ばれトロフィーを手に笑顔の埼玉栄・土井(左)と洛南・桐生

 ワンダーボーイが夢舞台に集中する。陸上男子100メートルで10秒01の記録を持つ桐生祥秀(17=京都・洛南高3年)が、世界選手権(10日開幕、モスクワ)が終了するまで来春の高校卒業後の進学先を絞り込まないことが3日、分かった。

 大学進学を希望する桐生の元には関東、関西を問わず数大学からオファーが舞い込んでいる。洛南高の関係者は「桐生とは“進路は世界選手権が終わってから考えよう”と話している」と明かした。

 桐生は前日(2日)まで大分で行われた全国高校総体に出場し、100メートルで10秒19、200メートルで20秒66と大会新記録をマーク、400メートルリレーでも優勝し19年ぶりに短距離3冠を獲得した。陸上最終日のこの日は出番はなかったものの、競技終了後には男子最優秀選手の表彰を受けた。「高校生に負けるのは絶対に嫌だった。無事に獲れて良かった。これからはモスクワモードに入る」。今後は休養して疲労を取り、7日にモスクワに出発。進路への思いはひとまず封印して、大舞台で日本人初の9秒台を狙う。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年8月4日のニュース