金藤 引退示唆「ここを一つの区切りにしたい」

[ 2013年8月4日 06:00 ]

女子50メートル平泳ぎ予選を終え引き揚げる金藤

水泳世界選手権第15日

(8月3日 スペイン・バルセロナ)
 金藤が引退を示唆した。2日の女子200メートル平泳ぎでは後半勝負をかけたが表彰台に0・59秒届かず4位。「(メダルに)あとちょっと足りなかった」と涙した。

 ロンドン五輪出場を逃し、2年ぶりに戦った世界の舞台だったが「まだ次は考えていない。ここを一つの区切りにしたい」と話した。3日の50メートル平泳ぎ予選も32秒37の34位で敗退。「200メートルの練習をしてきたので対応できなかった」と振り返った。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年8月4日のニュース