山口 悔しい空回り…7位に「余計な力使いすぎた」

[ 2013年8月4日 06:00 ]

男子200メートル平泳ぎ決勝、7位に終わり声援に応える山口

水泳世界選手権第14日

(8月2日 スペイン・バルセロナ)
 男子200メートル平泳ぎの山口はラスト50メートルで追い上げる作戦も、2分8秒台には遠く及ばなかった。7位に終わって「悔しい。余計な力を使いすぎた」と唇をかんだ。

 昨年9月の国体で世界新記録を樹立したが、その後はスランプに陥った。周囲の支えでファイナリストにはなったが、優勝したジュルタとの差は2秒以上。平井コーチは「世界記録を持って世界大会初出場はどれだけ苦しいか。これで吹っ切れる気がする」と出直しに期待した。ロンドン五輪銅の立石は後半失速し「また、出直したい」と話した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2013年8月4日のニュース