安藤美姫 4月に女児出産!「赤ちゃんとさようなら嫌だった」

[ 2013年7月2日 06:00 ]

4月に出産していたことが明らかになった安藤美姫
Photo By スポニチ

 元女王が衝撃の告白だ。フィギュアスケートの07、11年世界選手権金メダリスト・安藤美姫(25)が1日、テレビ朝日「報道ステーション」のインタビューで今年4月に女児を出産していたことを明かした。

 昨年10月にコーチ不在による調整不足でGPシリーズを欠場を発表していたが、その時点で妊娠していた。関東選手権(10月11~14日)で復帰する安藤は、母として14年ソチ五輪を目指す。

 1日夜に放送されたインタビュー。2度、世界の頂点に立った安藤が、母になっていたことを明かした。体の異変に気づいたのは昨年10月ごろ。「赤ちゃんがおなかにいる。最後まで迷ったというか、自分は嫌だった、さよならしてしまう答えが。一人の女性として、答えを出させてもらった」。今年4月、3350グラムの女児を出産したという。

 周囲には反対の声もあったが、「そこは自分なりに一生懸命、一番は母ですけど、話をして本当にスケートより命を選んだ」。父親の名前は明かさなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2013年7月2日のニュース