松山 VIP待遇に 全英OPからカナダへの移動はチャーター機で

[ 2013年7月2日 06:00 ]

ダンロップ・野尻恭代表取締役社長(左)とボードを手にガッツポーズを見せる松山 

 男子ゴルフの松山英樹(21=東北福祉大)がVIP待遇を受ける。参戦が決まっていた全英オープン(18日開幕、英ミュアフィールド)の翌週のRBCカナディアンオープン(25日開幕、カナダ・オンタリオ州)への推薦出場が決定。大西洋を股に掛けての連戦となるが、米ツアーが両大会の出場選手のため英国エディンバラからカナダ・トロントまで飛ぶチャーター機を手配。松山にも搭乗の打診があり、既に申し込みを済ませた。

 「米ツアーの試合に出て、できるだけ多く稼いでシード権を獲るのが今の目標」と話す松山は、カナディアンオープンの翌週はブリヂストン招待かリノタホオープンに参戦の意向。全米プロを挟みウィンダム選手権まで出場し、賞金ランク125位以内に与えられる来季シード権確保を狙う。

 松山は1日、都内で会見を開き、ダンロップスポーツと用具使用契約を結んだことを発表した。「ジュニア時代から使っていて信頼感があるし、3月から使い始めたアイアンが凄くフィットしていることが大きい」。ボール、クラブ、バッグ、ヘッドウエア(帽子など)、シューズ、グローブなどの使用契約で期間は複数年、契約料は年間3億円(推定)。「メジャー制覇という目標に向かってダンロップスポーツの皆さんと戦っていきたい」と決意を述べた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年7月2日のニュース