7人制日本男子は18位に終わる

[ 2013年7月2日 06:00 ]

 ラグビー(7人制)のW杯最終日は30日にロシアで行われ、男女ともに8強入りを逃して下位チームによる順位決定戦に回った日本は、男子がフィリピンに50―0、グルジアにも24―21で勝利し、決勝に進出した。

 しかし、ロシアに5―29で敗れ18位に終わった。女子はオランダに14―19で屈し、敗退が決まった。決勝は男子はニュージーランドがイングランドに33―0で快勝し、2001年の第3回大会以来3大会ぶり2度目の優勝。2度目開催の女子はニュージーランドがカナダに29―12で勝って初制覇した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年7月2日のニュース