朴仁妃 メジャー3連勝 前例なき年間4勝へ意欲

[ 2013年7月2日 06:00 ]

USLPGAツアー全米女子オープン最終日 

(6月30日 米ニューヨーク州サウサンプトン・セボナックGC=6796ヤード、パー72)
 スコアを2つ落としたものの2位に4打差をつけて圧勝した朴仁妃は「夢じゃないと願う。あしたは起きたくない」とツアー仲間からのシャンパンを浴びながら満面の笑顔を見せた。

 強さを支えているのはパットだ。パーオンしたホールの平均パット数は米ツアー1位を誇る。

 クロスハンドの握り方は、父に導かれてゴルフを始めた10歳から不変で、この日も10番で5メートルを沈めバーディーとするなど、うねる難グリーンを攻略。全体2位のパット数で乗り切った。次なる目標は女子で例のない年間メジャー4勝。「できるかは分からないけど、挑戦できることは素晴らしい経験」と意欲を語った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年7月2日のニュース