全柔連、理事解任の請求受け9日に臨時理事会

[ 2013年7月2日 16:51 ]

 全日本柔道連盟(全柔連)は2日、了徳寺健二評議員(千葉)から理事解任を求める臨時評議員会の開催請求書が提出されたことを受け、9日に臨時理事会を開くと発表した。臨時理事会で再招集が承認されれば、7月下旬以降に上村春樹会長を含む23人の理事解任を協議する。

 また、上村会長がプロジェクト長を務める「改革・改善実行プロジェクト」の進め方を見直し、前倒しして実効性のあるものにするため「改革促進タスクフォース」を発足させると発表した。新たに理事となった五輪銀メダリストの田辺陽子氏らがメンバー。3日に会長が記者会見を開き、方針を説明する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年7月2日のニュース