滝川クリステルもリハーサル 招致大使、笑顔で意気込み

[ 2013年7月2日 20:01 ]

2020年夏季五輪招致で、IOC委員に対するプレゼンテーションのリハーサルに臨む東京招致委の竹田恒和理事長(左)、猪瀬直樹東京都知事(中央)ら

 2日のプレゼンテーションのリハーサルには東京の招致大使を務める滝川クリステルも参加し、3日の本番へ「東京の魅力が伝わるように最大限の努力をしたい」と笑顔で意気込みを語った。

 国際オリンピック委員会(IOC)の公用語である英語とフランス語に堪能とあって、招致委員会の関係者は「最大の隠し球」と期待する。滝川さんは「チームの一員になれたので力になりたい。フランス語も使って、情熱を込めてアピールしたい」と話した。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2013年7月2日のニュース