錦織・添田組 北京王者相手に善戦も1回戦敗退

[ 2012年7月31日 04:59 ]

ロンドン五輪テニス男子ダブルス

 ロンドン五輪のテニス男子ダブルス1回戦に登場した錦織・添田組は、スイスのロジャー・フェデラーとスタニスラス・ワウリンカの北京五輪金メダルペアに7―6、4―6、4―6で逆転負けを喫した。

 立ち上がりからシーソーゲームで、一進一退の攻防が続いた。第1セットはタイブレークを制し幸先よくスタートしたが、前回王者は勝負所でサービスブレーク。金星とはならなかった。

 添田はシングルスに次いでの初戦敗退。錦織は31日にシングルス2回戦を控えている。

 ▽錦織圭の話 本当に悔しい。紙一重の試合だった。相手は2人ともサーブが良く、リターンもうまい。こういう経験は確実に大きな意味がある。

 

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2012年7月31日のニュース