松田 トップで決勝進出!金田は準決勝敗退

[ 2012年7月31日 04:49 ]

男子200メートルバタフライ準決勝 1位で決勝進出を決めた松田丈志

ロンドン五輪競泳男子200メートルバタフライ 準決勝

 男子200メートル準決勝1組で松田丈志が1分54秒25をマークし、全体の1位で決勝進出を決めた。同2組に登場した金田和也は1分55秒56の全体10位で準決勝敗退となった。

 松田は「とりあえず組で一番を意識して泳いだ」とレース後に充実の表情を見せ、「(手応えは)いいと思います」と落ち着いた様子で話した。

 決勝にはライバル・フェルプス(米国)も1分54秒53の4位残り、大会前から意識し続けたライバルと対峙。松田は大一番に向け「接戦になると思う。気持ちの勝負です」とメダル獲得へ意欲を見せた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2012年7月31日のニュース