16歳“最小”寺本が救った!ノーミスで「夢のよう」

[ 2012年7月31日 06:00 ]

女子予選で抜群の安定感をみせた寺本の平均台

ロンドン五輪 体操女子団体総合予選

 チーム最年少16歳で日本選手団最小1メートル40の寺本が、抜群の安定感でチームを引っ張った。全4種目で演技し、全て14点台を並べて合計57・865点のハイスコア。跳馬では左足首の故障で封印していた高難度の伸身ユルチェンコ2回ひねりに成功。個人総合も7番目で決勝進出(順位は8位だが、各国2人までのため)を決めた。「考えられないです。夢のよう。思った以上でした」と目を丸くした。

 ノーミスの秘けつは鼻歌だ。田中がNHK杯の時に鼻歌を歌っており、「めっちゃリラックスできた」と寺本にアドバイスした。16歳は夢舞台でさっそく実践。「FUNKY MONKEY BABYS」の「ちっぽけな勇気」をハミングし、好演技につなげた。

 選手村での交流も活力になっている。大会公式プロフィルでは1メートル36、体重は全出場選手の中で最軽量の30キロと紹介されており、他国の選手も興味津々。体操以外の競技の海外勢がバッジをくれたり、声を掛けてくれるという。団体決勝、個人総合で活躍すれば、さらに注目を浴びるのは間違いない。「コンディションを調整して、予選よりもいい演技をしたい」と気合を入れていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2012年7月31日のニュース