入江、決勝へ自信たっぷり「まだ余力がある」

[ 2012年7月31日 06:00 ]

<競泳男子100メートル背泳ぎ準決勝>全体4位で決勝進出を決めた入江

ロンドン五輪 競泳男子100メートル背泳ぎ準決勝

 男子100メートル背泳ぎ準決勝で、昨年の世界選手権銅メダルの入江は予選から0秒27上げ、53秒29の4位で決勝に進出した。

 メダル争いは52秒台になると見られるが「まだ余力がある。前半(26秒21)が遅かったので、もう少しついていけたらいい」と自信を見せた。4年前、大会期間中に体調を崩したこともあり体調管理は万全。「元気です。乾燥しているので、マスクして寝ている」と表情も明るかった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2012年7月31日のニュース