格下に苦杯…田児、敗退に「これが五輪なのかな」

[ 2012年7月31日 06:00 ]

ロンドン五輪 バドミントン男子シングルス1次リーグC組

 メダルを狙った田児の夏が早々に終わった。五輪独特の雰囲気にのまれ、格下のスリランカ選手に0-2で屈し「やってはいけない試合。ガチガチになっていたのかもしれない。これが五輪なのかな」と視線を宙に泳がせた。

 相手の思い切りのいい攻撃に対応が遅れ、得意とするトリッキーなフェイントも出せなかった。「ここからもう一度、どれくらいはい上がれるかが勝負になると思う」と23歳は先を見据えた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2012年7月31日のニュース