さくらジャパン2連敗…世界1位オランダに逃げ切り許す

[ 2012年7月31日 18:12 ]

<日本・オランダ>後半、ゴールを決め喜ぶ駒沢

ロンドン五輪ホッケー

 女子1次リーグを行い、A組の日本は北京大会金メダルで世界ランキング1位のオランダに2―3(前半0―2)で敗れ、2連敗で通算2敗となった。

 日本は後半、0―3から駒沢李佳、三橋亜記(ともにコカ・コーラウエスト)のゴールで1点差に詰め寄ったが、終盤はオランダにボールを支配されて逃げ切りを許した。

 ▼安田善次郎監督の話 英国、オランダに負けるのはある意味、想定内。ここまでやれて、選手は自信をつけたと思う。ここからは、1試合も落とせない。

 ▼駒沢李佳の話 最後の最後まで諦めずに攻められた。結果につながらなかったのが残念。

 ▼三橋亜記の話 (得点を)しっかり決められてよかった。前半の早い時間に失点するのが駄目なところ。そこは改善しないと。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「NBA」特集記事

2012年7月31日のニュース