新十両の勢 同学年の豪栄道と「早く闘いたい」

[ 2011年9月28日 18:47 ]

九州場所番付編成会議

 新十両で24歳の勢は28日、東京都江戸川区の伊勢ノ海部屋で記者会見し「うれしいのひと言」とやや緊張の面持ちで喜びを語った。

 幕内上位で活躍する豪栄道とは同学年で、小学校時代から同じ相撲道場で腕を磨いた間柄。勢は「豪栄道関は僕の中では一番大きい存在。早く闘いたい」。秋場所限りで元関脇藤ノ川の先代師匠が定年退職し、部屋を継いだ新伊勢ノ海親方(元幕内北勝鬨)は「これはあくまで第一歩。これからもっと強くさせなくてはと思う」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2011年9月28日のニュース