IRBが19年W杯日本開催に期待感「着実に進歩」

[ 2011年9月28日 06:00 ]

ラグビーW杯1次リーグA組 日本23―23カナダ

(9月27日 ネイピア)
 日本が勝利なしに終わったことに関し、国際ラグビーボード(IRB)のミラー最高経営責任者(CEO)は27日、2019年W杯の日本開催に影響はないとの見解を示した。

 ミラーCEOは「日本代表は着実に進歩している。運営面の高い能力や競技場や宿泊など施設面の充実を見ても、アジア初のW杯は成功するだろう」と期待感を口にした。これまでW杯開催国・地域のチームが決勝トーナメントに進めなかった例はない。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年9月28日のニュース