グルジアは1次L敗退 ラグビーW杯

[ 2011年9月28日 18:33 ]

 ラグビーのワールドカップ(W杯)ニュージーランド大会第17日は28日、同国北島のパーマストンノースで1次リーグB組の1試合を行い、グルジアがルーマニアに25―9で今大会初勝利を挙げたが、勝ち点4にとどまって1次リーグ敗退が決まった。ルーマニアは4戦全敗で大会を終えた。

 B組の残り3チームは前回大会準優勝のイングランドが勝ち点14でトップに立ち、アルゼンチンとスコットランドが同10としている。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年9月28日のニュース