相手は5連敗中の天敵 気を引き締めるナダル「彼に有利」

[ 2011年9月11日 14:36 ]

全米オープン男子シングルス準決勝、第4シードのA・マレーに勝利した第2シードのR・ナダル

全米オープンテニス第12日

(9月10日 ニューヨーク=ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター)
 ナダルが連覇へあと一歩までこぎ着けた。ことしの四大大会すべてで準決勝に進出したマリーに今大会初めてセットを奪われたが、正確なショットで押しきり「調子を上げて最大の難敵の一人に勝ててうれしい」と喜んだ。

 決勝の相手は2年連続でジョコビッチ。昨年は勝って生涯グランドスラムを達成したが、ことしは5連敗中で「彼に有利だ。これまで以上にいいプレーをして状況を変えないといけない」と気を引き締めた。(共同)

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年9月11日のニュース