17番で初V逃げた 津曲それでも「自信になる」

[ 2011年9月11日 17:54 ]

最終日、17番でパーパッドを外し、厳しい表情の津曲泰弦。通算19アンダーで2位に終わった

男子ゴルフツアー トーシン・トーナメント最終日

(9月11日 三重県津市トーシンレイクウッドゴルフクラブ=7010ヤード、パー72)
 2打差の2位スタートで逆転を狙った津曲は、14番で首位に並んだものの、17番(パー3)で第1打を大きく右に曲げてボギーとしたのが響き、初優勝を逃した。

 1打差の2位に終わり「いい緊張感があったが、17番でドンファンを楽にしてしまった」と肩を落としたが、最終18番でバーディーを奪うなど意地も見せ「最後まで優勝争いができたのは自信になる」と話した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年9月11日のニュース