女子エペは中野希望が4年ぶりの優勝

[ 2011年9月11日 19:01 ]

 フェンシングの全日本選手権個人戦最終日は11日、東京・国立代々木競技場で行われ、10月の世界選手権代表同士の対戦となった女子エペ決勝は中野希望(大垣共立銀行)が堀川こず恵(日体大)を15―9で下し、4年ぶり2度目の優勝を果たした。

 女子サーブルは世界選手権代表の中山セイラ(大垣共立銀行)が2連覇。北京五輪銀メダルの太田雄貴(森永製菓)がけがで欠場した男子フルーレは藤野大樹(ネクサス)が初優勝した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年9月11日のニュース