琴奨菊“因縁”の若の里下す「今場所は今場所」

[ 2011年9月11日 20:21 ]

大相撲秋場所初日

(9月11日 両国国技館)
 大関昇進を狙う琴奨菊と鶴竜がそろって白星発進した。琴奨菊は先場所、昇進の望みが消える4敗目を喫した若の里が相手だったが「今場所は今場所」と落ち着いていた。得意のがぶり寄りではなく、小手投げで勝ち「相撲自体は悪かったけど自分の重さは確認できた」とうなずいた。

 豪風を押し出した鶴竜は「いい立ち合いではなかったけど、相手を良く見て相撲が取れた」と納得顔。「(緊張感は)変わらない」と普段通りに淡々としていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年9月11日のニュース