100平で渡部優勝 日高は400自高校新でV

[ 2011年9月11日 17:54 ]

 第66回国民体育大会「おいでませ!山口国体」は11日、山口県の山口きらら博記念公園水泳プールで競泳を行い、少年は女子B100メートル平泳ぎで5月のジャパン・オープン3冠の渡部香生子(東京・武蔵野中)が1分8秒66で優勝した。男子A400メートル自由形は日高郁弥(佐賀・佐賀学園高)が3分48秒37の高校新記録で制した。

 成年の50メートル自由形は男子の伊藤健太(愛知・中京大)が大会記録に並ぶ22秒33で3連覇、女子の松本弥生(静岡・日体大)が25秒26で2連覇した。少年女子A400メートルメドレーリレーは神奈川(赤瀬、金指、滝口、関根)が4分3秒65の高校新で勝った。

 飛び込みの成年は男子高飛び込みで坂井丞(神奈川・日体大)が板飛び込みとの2冠を達成。女子板飛び込みは渋沢小哉芳(新潟・セントラルネクスト21)が優勝した。

 体操の成年団体総合は男子の福井が初、女子の大阪が7年ぶり4度目の優勝を果たした。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2011年9月11日のニュース