大阪朝鮮高、完敗で初の決勝ならずも「出し切った」

[ 2010年1月6日 06:00 ]

前半15分、逆転トライを許しガックリの大阪朝鮮高フィフティーン

 【準決勝 大阪朝鮮高7―33桐蔭学園】大阪朝鮮高(大阪第3)は桐蔭学園(神奈川)に完敗し初の決勝進出はならなかった。

 「自分たちのラグビーを出し切った。泣き崩れずにグラウンドを後にしたいと思っていた」とフランカー呉泰誠主将。呉英吉監督も「つなぎの部分でミスが多かった。桐蔭との差」と潔かった。先発メンバーのうち9人が2年生。CTB権裕人は「負けたことを忘れずに踏み台にして、今回に負けないチームをつくって全国優勝したい」と雪辱を誓った。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2010年1月6日のニュース