アシックスの新水着 股関節の可動性を重視

[ 2010年1月6日 18:51 ]

 スポーツ用品メーカーのアシックスは6日、国際水連が1月に導入した新規定に適合した新作水着を発表した。従来の高速水着同様に体を強く締め付けて流水抵抗を減らす一方で、キックでの推進力を最大限に高めるために股関節付近には部分的に伸縮性の高い素材を採用し、可動域を確保した。

 新規定では素材は織物のみで、体を覆う部分も制限された。アテネ五輪女子200メートルバタフライ3位の中西悠子(枚方SS)は「水に入った瞬間に滑るような感覚があって、不安が解消された」と感想を話した。2月下旬に販売する。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2010年1月6日のニュース