余裕の白鵬 出げいこで冗談も

[ 2010年1月6日 18:44 ]

 13度目の優勝を狙う横綱白鵬は6日、東京都墨田区の春日野部屋に出げいこし、20番取った。初場所で対戦が予想される栃ノ心とわざと右四つがっぷりになって相手の力量試し。「自分の右四つがどれだけ通用するかと思ってね」と、冗談を言うなど余裕だった。

 けいこを見学した評論家の北の富士勝昭氏(元横綱)は白鵬について「絶好調じゃないの」と太鼓判。朝青龍と力の差が開いたかと問われると「前からそういう感じはしている。上り坂と下降線だからね」と、両横綱を好対照に評価していた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2010年1月6日のニュース