鎌田、セルビア攻略法見つけた 狭いエリアでパス交換“イライラさせる作戦”

[ 2021年6月11日 05:30 ]

練習前に話をする(左から)鎌田、南野、森保監督(撮影・篠原 岳夫)
Photo By スポニチ

 森保ジャパンでトップ下の1番手として存在感を発揮する鎌田がセルビア攻略法を明かした。フィジカル面の強さを警戒しながら「すぐにカッとなってしまう、人間的な部分で弱いなと思う部分はある」と弱点を考察。その上で、日本が得意とする狭いエリアでのパスワークを適切な距離感で行えれば、「相手はイライラして自分たちのプレーができなくなると思う」と分析した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月11日のニュース