J2大宮・霜田新監督、巻き返しへ「前に向かっていくサッカーを」 新キャプテンに三門を指名

[ 2021年6月11日 15:34 ]

霜田正浩氏
Photo By スポニチ

 J2大宮の霜田正浩新監督(54)が11日、オンラインで会見し、チーム復活へ自信を見せた。「こういう状況で指揮を執るのは初めてで不安もあるが、一丸となってやっていきたい。状況から後ろ向きになりがちだが、選手の能力やポテンシャルから見て、前に向かっていくサッカーをやっていく。僕がやりたいことを優先するより、選手が能力を発揮できるようにこの状況に適したサッカーをやっていく」と、抱負を語った。

 先週オファーが来たそうで、「順位や数字、残り試合を考えればリスクもあるが、社長や強化部の大宮を何とかしたいという気持ちに即決した」という。さっそくミーティングでは「だれのためにサッカーをしているのか」「大宮に来てそれで満足しているのか」などと選手に問いかけてメンタル面の改革にも取り組んでいる。

 コーチ陣の入れ替えはないが、担当を手直し。キャプテンも新たにMF三門雄大(34)を指名するなどカラーも出している。MF馬渡和彰(29)も「貯金でサッカーをするなと言われた。もう一度成長するために自分の中で考えさせられた。この人のためにと思わせるし、この人を信じて頑張ろうという気になる」と大歓迎。残り25試合、J2残留へ一丸となって戦っていく。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月11日のニュース