初共演の熊谷&宝田CBコンビが好相性 宝田、代表初ゴールで五輪へ猛アピール

[ 2021年6月11日 05:30 ]

国際親善試合   日本8-0ウクライナ ( 2021年6月10日    Eスタ )

<日本・ウクライナ>前半38分、宝田(右)がゴールを決め熊谷と喜ぶ(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 センターバックコンビが初共演で相性の良さを示した。約1年3カ月ぶりの代表戦となったDF熊谷は攻守両面で抜群の安定感。「声を切らさないように意識した」と主将としてもチームを統率した。

 DF宝田も得意の縦パスで攻撃にリズムをつくった。前半38分にはコーナーキックを右足ボレーで決め、出場6試合目で代表初ゴール。「得点はセンターバックでも取っていかないといけないので、ゴールできたのは良かった」と五輪代表入りに猛アピールした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月11日のニュース