森保監督 チーム一丸勝利に喜び「ベストな表現してくれた」 セルビアは主力不在も「いいゲーム出来た」

[ 2021年6月11日 21:59 ]

国際親善試合   日本1―0セルビア ( 2021年6月11日    ノエスタ )

<日本・セルビア>後半、指示を出す森保監督(左)とストイコビッチ監督(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 男子サッカー日本代表は11日、国際親善試合(ノエスタ)でセルビア代表と対戦。1―0で勝利を飾り、森保監督は「課題はまだまだありますけど、強度の非常に高いなか時間とスペースがない戦いの中で、選手たちがいまやれるベストなことを表現してくれた」と喜んだ。

 試合は後半3分、セットプレーからMF伊東が決勝点となる先制ゴール。その後もFW浅野などが決定機を迎えたが決めきれず、1―0のまま試合終了。森保監督は「1―0にできて出来れば仕留められる(追加点を奪える)とこがあったので、さらにいい形で勝てればというところもありましたけど、最後まで粘り強く選手たちが戦ってくれた」と評価。

 さらに「相手がハイプレッシャーをかけてくる、粘り強く守ってくるなか、もちろん上手くいかないこともありましたけど、何度もトライし続けて最後までチーム一丸となって戦いつづけられた」と続けた。

 今回セルビア代表がFWタディッチ(アヤックス/オランダ)、FWヴラホビッチ(フィオレンティーナ/イタリア)、FWヨビッチ(Eフランクフルト/ドイツ)、MFミリンコビッチサビッチ(ラツィオ/イタリア)など多くの主力を欠いたことについては「まだまだセルビアさんも今回ベストなメンバーでないにしても、非常にいいゲームが出来た」とコメント。選手たちの奮闘を最後まで称えていた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月11日のニュース