古橋 1トップ先発も2戦連発ならず 本拠ノエスタ&イニエスタ現地観戦も

[ 2021年6月11日 21:45 ]

国際親善試合   日本1―0セルビア ( 2021年6月11日    ノエスタ )

<日本・セルビア>先発出場した古橋(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 1トップでテストされた日本代表MF古橋亨梧(26=神戸)は、結果を残すことはできなかった。

 これまで代表で担ってきた2列目ではなく、最前線で先発出場。フィジカルの強いセルビアDF陣に対して、序盤は積極的に最終ラインの裏を狙ってチャンスを生み出そうとする。だが、徐々にスペースがなくなったことから持ち味を発揮する場面は少なくなり、ハーフタイムに途中交代を告げられた。

 試合の舞台は、所属する神戸の本拠ノエスタ。かつチームメートの元スペイン代表MFイニエスタも現地観戦した中で、2戦連発はならなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年6月11日のニュース