川崎Fジェジエウ セレソンへの思い明かす「そこにたどり着くこともありえる」

[ 2021年5月5日 16:11 ]

川崎FのDFジェジエウ
Photo By スポニチ

 川崎Fのブラジル人DFジェジエウ(27)が、チェルシーの同胞DFチアゴ・シウバ(36)をお手本にしていることを明かした。3―2で競り勝った名古屋戦から一夜明けた5日にオンライン対応。目標にしている選手を聞かれた背番号4は「ブラジル人のCBでは、チアゴ・シウバはよく参考にしています。彼が能力が高くて、学ぶべきところがたくさんある」と話した。

 ジェジエウは19年に川崎F入り。強靱なフィジカルとスピードを生かし、今やチームに欠かせない存在となった。2年ぶり3度目のリーグ優勝を飾った昨季は29試合3得点。自身初のベストイレブンにも選出されている。この日は目標とするチアゴ・シウバが長きにわたり君臨している“セレソン”へ思いも聞かれ、ジェジエウは「サッカー選手としてやっている以上、代表というものは視野にいれながらやっているつもり。自分たちが努力することによってそこにたどり着くということも、ありえると思っている。これからも代表を視野にいれながらプレーしたいと思っています」と目を輝かせた。

 また名古屋戦から中3日で迎える8日のアウェーG大阪戦に向けては「ブラジル人選手は背が高くてパワーもあって、スピードもある。能力の高い選手が揃っているイメージはある」と警戒を強めていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年5月5日のニュース