横浜FCの54歳カズがルヴァン杯湘南戦で今季最長の24分間プレー。最年長出場も更新

[ 2021年5月5日 16:48 ]

YBCルヴァン杯1次リーグ第5節C組   横浜FC1―1湘南 ( 2021年5月5日    ニッパツ三ッ沢球技場 )

<横浜FC・湘南>後半途中出場の横浜FC・三浦(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 横浜FCのFW三浦知良が5日、ルヴァン杯湘南戦で0―1の後半21分から投入され、自身の同杯最年長出場記録を54歳2カ月9日に更新した。

 後半38分には右サイドで華麗なパス交換、同アディショナルタイムには安永とのワンツーでチャンスを演出するなど今季最長となる24分間のプレーで存在感を発揮。随所に積極的なプレスや体を張った守備も見せた。

 試合も風上に立った後半は横浜FCが勢いを増し、同33分にFWクレーベが同点弾で1―1の引き分けに持ち込んだ。

 敵将で53歳の浮嶋監督は「今の僕の体力を考えれば、今も現役でピッチに立っていることは驚異的だと思います」とカズの勇姿に脱帽していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年5月5日のニュース