東京五輪サッカー抽選 男子日本はメダル候補フランス&メキシコと同組 決勝T進出へ“いばらの道”に

[ 2021年4月21日 17:21 ]

男子サッカー日本代表の森保一監督
Photo By スポニチ

 東京五輪男女サッカーの組み合わせ抽選は21日、スイスのFIFA本部で行われ、7大会連続11回目の出場となる男子日本代表(FIFAランキング28位)はフランス、メキシコ、南アフリカ共和国と同組に。フランス、メキシコと過去金メダルを獲得している強豪と一緒になったことで決勝トーナメント進出までの道のりが険しくなった。

 ◇フランス(6大会ぶり13回目) FIFAランキング2位。五輪最高成績・優勝1回(84年ロサンゼルス五輪)。五輪での日本との対戦は1回のみ(68年メキシコ五輪準々決勝で対戦●0―1)。FWエンバペ(22=パリSG)は招集困難となったが、DFクンデ(22=セビリア)やMFゲンドゥージ(21=ヘルタ)、MFカマビンガ(18=レンヌ)など欧州トップクラブの主力がズラリ。以外にも6大会ぶりの出場となるが、選手の質&量ともに“文句なし”の金メダル候補。

 ◇メキシコ(3大会連続12回目) FIFAランキング11位。五輪最高成績・優勝1回(12年ロンドン五輪)。五輪では日本と2度対戦し1勝1敗(12年ロンドン五輪準決勝〇3―1、68年メキシコ五輪3位決定戦●0―2。五輪の実績やFIFAランキングも高い強豪。

 ◇南アフリカ共和国(2大会連続3回目) FIFAランキング75位。五輪成績1次リーグ敗退(00年シドニー五輪、16年リオ五輪)。五輪では日本と00年シドニー五輪1次リーグで対戦し、高原の2ゴールによって1―2と敗れた。初の決勝トーナメント進出を目指す。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「欧州スーパーリーグ」特集記事

2021年4月21日のニュース