22日にG大阪戦! 名古屋・フィッカデンティ監督「記録を自分たちで塗り替えていこう」再発進に意欲

[ 2021年4月21日 17:21 ]

名古屋・フィッカデンティ監督
Photo By スポニチ

 前節・鳥栖戦で今季初黒星を喫した名古屋のマッシモ・フィッカデンティ監督が、再び“無失点ロード”に意欲を示した。

 連続無失点試合が「9」でストップした鳥栖戦は世界中で大々的に報じられ「それだけのニュースだという位置付けをしていただいた」と納得顔。そして「次も負けた時に大きなニュースになるようにしたい。(無失点)記録はストップしたけど、その記録を自分たちで塗り替えていこうという方向で進んでいきたい」と仕切り直しとなるあす22日のG大阪戦(豊田ス)へ気合を入れた。

 相手は今季リーグ6試合1得点と得点力不足に喘いでいる。だが「メンバー構成で考えれば日本トップの選手がいる。宇佐美やパトリック、新加入のレアンドロ・ペレイラ…。個の力が高い。特にG大阪と対戦する時には、そこを選手に伝えないといけない」と警戒心は緩めていない。11年ぶりのリーグ制覇へ向けて連敗阻止はマスト。4試合ぶりのG大阪戦勝利を手にし、首位・川崎Fに食らいついていく。
 

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年4月21日のニュース