J2千葉CUO佐藤勇人氏が新小学1年生にエール「苦しいときはすぐに話して」

[ 2021年4月21日 22:07 ]

千葉市内の小学校で新1年生に放送室からエールを送る千葉クラブ・ユナイテッド・オフィサー(CUO)の佐藤勇人氏
Photo By スポニチ

 J2千葉のクラブ・ユナイテッド・オフィサー(CUO)を務める佐藤勇人氏(39)が21日、千葉市内の小学校を訪問し、コロナ禍の日常を過ごす児童にエールを送った。

 佐藤氏は2019年シーズン限りで千葉を引退し、翌20年からクラブの顔として社会連携活動や広報活動などを行っている。この日は千葉市立宮崎小を訪れ、上級生が新入生を歓迎する「新1年生を迎える会」に特別ゲストとして参加した。

 児童と外部者の接触が制限されている中で、佐藤氏は放送室からテレビ映像でサプライズ登場。「皆さんはマスクをしていて、思い切り遊ぶことができていないと思います。ちょっとでも苦しいときは、先生やお友だちにすぐに話してください。少し落ち着いたら、校庭で皆さんと思い切りサッカーや運動をしたいと思います」と呼びかけた。真剣に聞いていた児童らは「サッカーしたい!」と大喜び。オリジナル定規をプレゼントした佐藤氏は「6年間を思い切り楽しんで、素晴らしい小学校生活を送ってください」と画面越しにメッセージを送った。

 同クラブが千葉、市原両市の小学校を訪問して児童と交流し、定規をプレゼントする活動は09年からスタート。例年は選手が参加するが、昨年はコロナウイルス感染拡大で訪問が見送られた。佐藤氏は「本当は子供たちの表情を見ながら話せたら幸せだけど、この状態では仕方がない。こうした地域とクラブのつながりを大切にしていきたい」と話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年4月21日のニュース