鹿島 高卒2年目コンビ・松村&荒木弾で3連勝!相馬監督の本拠初陣白星に貢献

[ 2021年4月21日 05:30 ]

YBCルヴァン杯1次リーグ第3節A組   鹿島3-0札幌 ( 2021年4月20日    カシマ )

<鹿島・札幌>前半32分、鹿島・松村がゴールを決める
Photo By スポニチ

 カシマスタジアムで1試合が行われ、A組の鹿島は札幌を3―0で下して3連勝とした。前半32分にMF松村優太(20)が左足で先制し、同39分にはFW荒木遼太郎(19)が追加点。高卒2年目コンビの活躍で、14日に就任した相馬直樹監督(49)のホーム初陣を白星で飾った。

 0―0の前半32分、左サイドの鹿島MF松村が敵陣深くに出たボールへ素早く反応した。「自分のスピードだったら行ける」。相手GKへ下げられたボールに猛プレスを仕掛け、クリア前に競り合いながら左足で先制のネットを揺らした。待望の今季公式戦第1号。すでに、今季リーグ戦で4得点している同期のFW荒木の活躍は刺激となっており「(結果を)欲していた。次はリーグ戦で」と表情を引き締めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「日本代表(侍ブルー)」特集記事

2021年4月21日のニュース