ウェストハム モイズ監督と2選手がコロナ陽性

[ 2020年9月23日 20:55 ]

 イングランド・プレミアリーグのウェストハムを率いるデービッド・モイズ監督(57)と2選手が、22日にホームで行われたリーグ杯3回戦ハル戦の試合前に新型コロナウイルスの陽性反応が発覚し、すぐに帰宅した。クラブが22日に発表した。

 フランス人DFイサ・ディオプ(23)、アイルランド代表MFジョシュ・カレン(24)は先発メンバーに入っていたが、事前に受けていた検査結果により試合直前に陽性反応が発覚。モイズ監督と共にすぐに帰宅したという。なお、3人に新型コロナウイルスの症状は出ていなかった。今後、隔離措置がとれられる。

 試合は、指揮官不在のウェストハムが5-1で圧勝。アシスタントコーチのアラン・アーバイン氏(62)が指揮を執った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月23日のニュース