鹿島DF常本 ウッチーの穴埋める!プロ初陣へ気合「強い気持ちで挑んでいきたい」

[ 2020年9月11日 05:30 ]

 10日、特別指定選手に承認された明大の鹿島DF常本が緊急事態を救う。

 今夏に内田氏が現役引退するなど、チームは本職の右サイドバックが手薄な状態。そこで、昨年大学3冠に貢献した21歳に白羽の矢が立った。明大では、かつてDF長友(マルセイユ)らが背負った背番号2を受け継いだ常本は「今日からプロスタート。強い気持ちで挑んでいきたい」と、ウッチーの穴を埋める活躍を誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2020年9月11日のニュース